水の談話室 水素豊富水情報室 Dr.林プロフィール インフォメーション お問合せ HOME

水素豊富水トピックス
名水神話の実態−1
名水神話の実態−2
名水神話の実態−3
名水神話の実態−4
名水神話の実態−5
質疑応答(1)
質疑応答(2)
質疑応答(3)
質疑応答(4)
質疑応答(5)
質疑応答(6)
質疑応答(7)
質疑応答(8)
質疑応答(9)
質疑応答(10)
水素の話(1)
水素の話(2)
水素の話(3)
H13年末のご挨拶
H14新年のご挨拶
水素の話(4)
水素の話(5)
水素の話(6)
水素の話(7)
水素の話(8)


水素豊富水の秘密
水素豊富水エピソード
水素豊富水
        ア・ラ・カルト

水素豊富水ガイド
水素豊富水コメント
水素豊富水
        アドヴァイス

水素豊富水
        ダイジェスト

10分でわかる
    水素豊富水入門[1]

10分でわかる
    水素豊富水入門[2]

水素豊富水のQ&A

不思議な水の物語


サイトに関して
SITE MAP
水素豊富水トピックス
■9.質疑応答(4)
さて、名水とは「水素をタップリ含んだ水」である。健康によい水、病気を防ぎ治す水とは「水素豊富水」であると繰り返し説明してきました。また、「水素をより多く含んだ水」ほど私たちは「より美味しい水」と感じるのだとも述べてきました。
では、「水素を豊富に含んだ水」を、なぜ私たちは美味しいと感じるのでしょうか?
今回は、この問題について考えてみることにしましょう。
1. 結論から先に記しますと次のようになります。
なぜなら、私たちは「水素(を豊富に含んだ水)を美味しいと感じる」ように(造物主によって)造られているからだということになります。つまり、私たちは「水素豊富水」を美味しいと感ずるような「本能」を与えられているのだ、ということになるのです。
2. では、なぜ私たちは「水素豊富水を美味しいと感じる」ような本能を与えられているのでしょうか?
これに対する回答は、次のようになります。
なぜなら「水素豊富水を美味しいと感じる」本能を持たないことには、私たちは「生物としての生存原理」をまっとうすることができないからだ、ということになります。
ここで、生物生存の原理とは「自己保全・種族保全および進化」を意味します。
すなわち、私たちは常に自分自身と一族の健康と長寿さらには発展と繁栄を願いつつ毎日を生きているのだということであります。
3. では、私たちの健康と長寿をまっとうしたいという願いを実現するには、なぜ「水素豊富水を美味しいと感じる」ような本能をもつ必要があるのでしょうか?
4. この疑問に答えるためには逆に、では「私たちの健康と長寿を阻害する因子とは何なのか」という命題に対する回答が必要となりますが、すでにお分かりのように私たちの健康長寿を阻害する因子とは「活性酸素」にほかなりません。
言い換えれば、活性酸素という阻害因子さえ除去することができれば、私たちは生物としての生存原理をまっとうすることができるということなのです。
5. ここで、活性酸素という阻害因子を除去するのは「活性水素(原子水素)」ですが、私たちが実際に活性水素(原子水素)を体内に取り入れるには分子水素の豊富な水、つまり「水素豊富水」を毎日摂取するように努めればよいのです。といいますのも、「水素豊富水」の中の分子水素は、体内で原子水素(活性水素)に分解され、活性酸素と結合することによって活性酸素を消去してくれることになるからなのです。
6. 以上の論理から、私たち生物は無意識的に「水素豊富水」を「美味しい水」だと感ずるような能力を「本能」として与えられているのだ、という結論になるのです。
要するに、「水素」こそあなたの健康と長寿にとっての究極の切り札なのです。 
換言しますと、水素こそ最高の抗酸化物であり万能薬だ、という結論になるのです。
「水素豊富水」という言葉を私が(わざわざ)造語した真意、また水素とは「みなもと」と読むべきだ、という私の主張の根拠を是非ご理解いただきたいと思います。

質疑応答(5)--->>>

Copyright © 2005 “ドクター林の水の談話室” new-water.org All Rights Reserved.