水の談話室 水素豊富水情報室 Dr.林プロフィール インフォメーション お問合せ HOME

▼水素豊富水の秘密
プロローグ
病気を作る水
病気を治す水
活性酸素
活性水素
水素分解酵素
水素豊富水を作る
   方法-1
水素豊富水を作る
   方法-2
水素発生ミネラル
水素センサー
水素豊富水-1
水素豊富水-2
便の悪臭が消える
腸内微生物の働き
腸内微生物の変身
現代医学は「川下
   医学」に過ぎない
活性酸素の発生要因
見える反応VS
   見えない反応
いろいろな抗酸化物
XYZ理論
ノルデナウの水
病気の原因と誘因
新陳代謝−治癒の
   秘密
五種類の水
科学とは因果律である
闘病中の方々へ
エピローグ
人類医学は
   フィクションだった

英文抄録


水素豊富水トピックス
水素豊富水エピソード
水素豊富水
        ア・ラ・カルト

水素豊富水ガイド
水素豊富水コメント
水素豊富水
        アドヴァイス

水素豊富水
        ダイジェスト

水素豊富水
        メモランダム

10分でわかる
    水素豊富水入門[1]

10分でわかる
    水素豊富水入門[2]

水素豊富水のQ&A

不思議な水の物語


サイトに関して
SITE MAP
水素豊富水の秘密
■人類医学はフィクションだった
  
(1)生物は「水素欠乏水」の中に誕生した
  すでに述べましたように、生物誕生の「場」である(あった)水は、「水素欠乏水」にほかなりません。そして、「水素欠乏水」とは私の定義では「病気を作る水」に過ぎない、ということになります。つまり、これまで生物は「病気を作る水」の中に生まれ、「病気を作る水」 にその生存を委ねてきたことになります。  
その結果、彼ら生物にとって病気は一種の宿命となってしまったのです。
また、それ故にこそ彼ら生物は「水素欠乏水」の欠点−つまり、活性酸素の消去には不十分な水に過ぎないという事実−を補足するために、水素分解酵素あるいは様々な抗酸化酵素(ス−パ−オキサイド・ディスムタ−ゼ、カタラ−ゼ、グルタチオン・ペルオキシダ−ゼ・・・)を開発する必要に迫られたのだと考えることができるのです。
(2)生物が「水素豊富水」の中に誕生すれば?
  では、上に述べた(1)とは逆の水すなわち「水素豊富水」、つまり 「病気を防ぎ、治す水」の中に生物が誕生するとすれば、いったい どうなるでしょうか。  
言うまでもなく、彼ら生物が病気に罹る確率はうんと低くなるといえるのです。
なぜなら、「水素豊富水」は彼ら生物を病気に追い込む原因となる活性酸素を効率的に消去してくれることになるからです。
(3)「病気を作る水」の中に誕生したため、医薬が生まれた
  結論として、生物が誕生した水は「水素欠乏水」つまり「病気を作る水」であったがために、人類は病気に対抗する手段として医学、薬学、栄養学、健康法、養生訓、健康食品、抗酸化食品・・・などを開発する必要に迫られたのだ、と考えることができるのです。
(4)病気は、そもそも「生物生存の原理」に反している
  さらに、原点に立ち返って考えてみましょう。
私の考えでは、病気の存在そのもの、病気罹患という現象自体が、本来であれば生物生存の原理「自己保全・種族保全・進化」に反する根本矛盾であるというほかありません。 
なぜなら、生物は本来あくまでも 健康長寿・無病息災をその生存目的としているからであって、断じて病気短命・多病病臥を目的としているのではないからです。
哲学的な表現を使いますと、生物の生存にとっての「真実在」とは本来健康長寿であって、病気短命はあくまでも「仮存在」に過ぎない、ということになるのです。
ところが、現実には人類は病気をあたかも真実在のようにとらえ、かつその事実を甘受しているように見受けられるのです。  
すなわち、病気の存在をあたかも当然のように考え上記の根本矛盾について疑義をはさもうとする姿勢はこれまで皆無に近かったのです。
ではなぜ、かかる根本矛盾を見過ごし、かつ甘受するようになったのでしょうか?
その根本原因は、もうお分かりのことと考えます。
その原因とは、私たち生物の誕生の場である「水」(水素欠乏水)にあったのです。
要するに、人類医学とは「水素欠乏水」の上に築かれたフィクション(虚構)に過ぎなかった、というのが私の結論であります。

英文抄録--->>>

Copyright © 2005 “ドクター林の水の談話室” new-water.org All Rights Reserved.