水の談話室 水素豊富水情報室 Dr.林プロフィール インフォメーション お問合せ HOME

水素豊富水ガイド
水素が世界を変える
水素が世界を変える(2)
水素が世界を変える(3)
水素が世界を変える(4)
水素が世界を変える(5)
水素が世界を変える(6)
水素が世界を変える(7)
水素が医学を変える(1)
水素が医学を変える(2)
水素が医学を変える(3)
水素が医学を変える(4)
水素が医学を変える(5)
水素が医学を変える(6)
水素が医学を変える(7)
水素が医学を変える(8)
水素が医学を変える(9)
水素が医学を変える(10)
水素が医学を変える(11)
水素が医学を変える(12)
水素が医学を変える(13)
水素が医学を変える(14)
水素が医学を変える(15)
水素が医学を変える(16)
水素が医学を変える(17)
水素が医学を変える(18)


水素豊富水の秘密
水素豊富水トピックス
水素豊富水エピソード
水素豊富水
        ア・ラ・カルト

水素豊富水コメント
水素豊富水アドヴァイス
水素豊富水ダイジェスト
水素豊富水
        メモランダム

10分でわかる
    水素豊富水入門[1]

10分でわかる
    水素豊富水入門[2]

水素豊富水のQ&A

不思議な水の物語


サイトに関して
SITE MAP
水素豊富水ガイド
■6.水素が世界を変える(6)
 
○   うまい・早い・安い
  牛丼の話ではありませんが、「うまい・早い・安い」が「水素豊富水」のウリです。
(1) 先ず、水素豊富水の特徴は「うまい」ことにあります。
水素豊富水は俗にいう「喉のなるほど美味しい水」であること請け合いです。
では、「水素を豊富に含んだ水」は、なぜ「美味しく感じる」のでしょうか?
それは、生物が「自己と種族の保全」を図るためには万病の原因・活性酸素を処理する必要がありますが、そのためには活性酸素の消去に必要な活性水素を体内に作ることが必要となります。
そのため活性水素の前段階物質である分子水素が必要となりますので、その必要上「水素を美味しく感じる本能」を発達させるに至ったというわけです。
(2) 第二の特徴は飲用開始後、効果の発現がたいへん「早い」ことです。
さる火曜日(17日)に寄せられたメ−ルをご参考までに紹介しましょう。
- 林先生、3月10日の午後4時頃にそちらに伺い、末期の大腸ガンおよび肝臓ガンと判明した叔父のために水素発生ミネラルスティックを購入したMと申します。その夜叔父に早速勧め、市販の2リットルの水に3本入れたものを11日(火)より最低2リットルは飲んでもらっています。
すると次の変化が現れたそうです。
  @ 脇腹の痛みがなくなった・・・3月13日頃より。それまでは体をどんな向きにしても痛かったのが、かなり大きな呼吸をしないと痛みがない。
  A 便の色の変化・・・3月16日頃 それまで真っ黒の便だったのが、茶色の便に変化。
これには叔父もびっくりしていました。
  食欲は十分にあります。3月19日に入院して検査をする予定ですが、できれば手術をしないでこのまま活性水素水の飲用で治してほしいと思っています。・・・
  @ 水素豊富水の飲用によってガン末期の疼痛が消えたという報告は数多く寄せられ
ていますが、これも疼痛の原因はそもそも「活性酸素」にありますから、活性酸素が
(活性水素によって)消去されるにつれて疼痛が消えていくのは理の当然なのです。
  A 真っ黒の便、つまり「胃腸内異常発酵」による「病原物質・発ガン物質・活性酸素の
大量産生」が、本人の大腸ガンや肝臓ガンのそもそもの原因だったのです。

  したがって、胃腸内異常発酵が改善されていくにつれ、ガンの症状も改善されていくのは当然であって治癒も決して不可能ではないのです。私の見解ではむしろ、上述の症例の場合ガンに対する真の根本治療がようやく始まったといえる、ということになります。
(3)   さらに、水素豊富水は「安い」ことも大きな特徴です。
  1日1家族当たりの経費が10円玉1〜2コというのが「水素豊富水・健康法」です。ところで今度は、「そんな安上がりの健康法など信用できるか」という反論がきます。ところが、これは哲学欠如の屁理屈、たわ言に過ぎません。その最大の証拠は、僅か数分間の「酸欠」で一巻の終りとなってしまう空気(2割が酸素)の存在にあります。絶対不可欠の酸素を何十年間吸おうと大自然は無償で私たち生物に与えてくれているのです。自然は鷹揚で無限に寛大であることを悟る。これこそが、生命哲学理解への第一歩なのです。健康と長寿の実現には金がかかるというのは妄想に過ぎないのです。

水素が世界を変える(7)--->>>

Copyright © 2005 “ドクター林の水の談話室” new-water.org All Rights Reserved.