水の談話室 水素豊富水情報室 Dr.林プロフィール インフォメーション お問合せ HOME

水素豊富水ガイド
水素が世界を変える
水素が世界を変える(2)
水素が世界を変える(3)
水素が世界を変える(4)
水素が世界を変える(5)
水素が世界を変える(6)
水素が世界を変える(7)
水素が医学を変える(1)
水素が医学を変える(2)
水素が医学を変える(3)
水素が医学を変える(4)
水素が医学を変える(5)
水素が医学を変える(6)
水素が医学を変える(7)
水素が医学を変える(8)
水素が医学を変える(9)
水素が医学を変える(10)
水素が医学を変える(11)
水素が医学を変える(12)
水素が医学を変える(13)
水素が医学を変える(14)
水素が医学を変える(15)
水素が医学を変える(16)
水素が医学を変える(17)
水素が医学を変える(18)


水素豊富水の秘密
水素豊富水トピックス
水素豊富水エピソード
水素豊富水
        ア・ラ・カルト

水素豊富水コメント
水素豊富水アドヴァイス
水素豊富水ダイジェスト
水素豊富水
        メモランダム

10分でわかる
    水素豊富水入門[1]

10分でわかる
    水素豊富水入門[2]

水素豊富水のQ&A

不思議な水の物語


サイトに関して
SITE MAP
水素豊富水ガイド
■5.水素が世界を変える(5)
 
  最近経験した興味深い実例をご参考までに記すことにしましょう。
○   間一髪間に合った
  3月7日(金)昼前、都内に在住のN.M.さんという若い女性から電話があり「64歳になる母親が現在T病院に入院中ですが5年前からの糖尿病が急に悪化、左足が壊疽になり39度の高熱が続いており、放置すれば敗血症になる危険があるので患部の切断術が必要だができれば1週間以内に手術したい、と病院側から言われました。なお、電解水の装置は以前から家に設置しており還元水は飲んでいたのですが」とのお話でした。
  そこで、私は「切断術はあくまで最後の手段です。常時水素豊富水の切れ味はとにかく抜群です。うまくいけば手術しないで済むかも知れません。お近くにお住まいですから今からでも直ぐにお出でください」とお話しその日の午後4時頃お出でいただきました。
  そこでご本人の目の前でスティックを使ってペットボトルに水素豊富水を作って差し上げ、その足でお母様の入院先の病院まで持っていってもらうことにしたのです。
  3日後の10日(月)、念の為電話を入れたところ「お陰さまで病院からは手術の必要はなくなったと言われました。熱も37度台まで下がり、高かった血圧も下がってきたそうです」とのお話で我々もホッとしたという次第です。なお、翌日11日にはご夫婦でお礼に見えましたが「血糖値も110まで下がった、とのことです」とのお話でした。
○   効果が直ぐに出ました
  3月11日、青森県にお住まいのI.T.さんから「効果が直ぐに出ました」とのタイトルで次のようなメ−ルが寄せられました。
−先日「元祖 活性水素くん」を購入いたしました。家の父は以前急性膵炎を何度かわずらい、その影響からか20年ほど前から糖尿病になりインシュリンをうっています。もう10年以上前から林先生の本を何冊か読み、その理論に賛同し電解水を飲んでおりました。そのおかげで、糖尿病の合併症はなく過ごしていますが、血糖値は下がらずインシュリンの単位は増えておりました。毎日、血糖値を計っていますが、この「水素豊富水」を飲みだして直ぐ数値が下がり始め、現在2週間目ですが、インシュリンは16単位から10単位に減らしました。このままいけば、完全に回復するものと期待しています。本当にありがとうございます。・・・
○   鈍刀と名刀
  昭和60年(1985年)から平成13年(2001年)まで16年間にわたって追求してきた電解水(アルカリイオン水および酸性イオン水)。その間14冊の解説書まで出したにもかかわらず一昨年になって何故「見切り」をつけることになったのか・・・。
  それは、アルカリオン水(電解還元水)とは所詮「生成時のみの、一過性の水素豊富水」に過ぎないことが平成13年3月に判明したからです。そのため、同年9月からは新しく「常時水素豊富水」を提唱することになったのですが、上の実例からもお分かりのように「切れ味」に決定的な差があるのです。言うなれば、「一過性水素豊富水」が鈍刀に過ぎないのに対し、「常時水素豊富水」の方はさしずめ正宗の名刀だといえましょう。とにかく、その切れ味は抜群で気持ちがいいくらいです。

水素が世界を変える(6)--->>>

Copyright © 2005 “ドクター林の水の談話室” new-water.org All Rights Reserved.