水の談話室 水素豊富水情報室 Dr.林プロフィール インフォメーション お問合せ HOME

水素豊富水ガイド
水素が世界を変える
水素が世界を変える(2)
水素が世界を変える(3)
水素が世界を変える(4)
水素が世界を変える(5)
水素が世界を変える(6)
水素が世界を変える(7)
水素が医学を変える(1)
水素が医学を変える(2)
水素が医学を変える(3)
水素が医学を変える(4)
水素が医学を変える(5)
水素が医学を変える(6)
水素が医学を変える(7)
水素が医学を変える(8)
水素が医学を変える(9)
水素が医学を変える(10)
水素が医学を変える(11)
水素が医学を変える(12)
水素が医学を変える(13)
水素が医学を変える(14)
水素が医学を変える(15)
水素が医学を変える(16)
水素が医学を変える(17)
水素が医学を変える(18)


水素豊富水の秘密
水素豊富水トピックス
水素豊富水エピソード
水素豊富水
        ア・ラ・カルト

水素豊富水コメント
水素豊富水アドヴァイス
水素豊富水ダイジェスト
水素豊富水
        メモランダム

10分でわかる
    水素豊富水入門[1]

10分でわかる
    水素豊富水入門[2]

水素豊富水のQ&A

不思議な水の物語


サイトに関して
SITE MAP
水素豊富水ガイド
■15.水素が医学を変える(8)
 
○   マンションに燃料電池
  5月10日(土)付け神戸新聞朝刊8面には次のような記事が掲載されています。

  家庭用の小型燃料電池をマンション各戸に設置し、需要に応じて電力を融通し合うビジネスモデルを確立しようと、民間シンクタンクの日本総合研究所が六月五日に電機、ガス、不動産など十数社と企業連合を設立することが九日、分かった。日本は離島や山間地が多く、遠隔地に送電するシステムが非効率な面もあるため、個人や企業などが必要な電力を自ら生み出す「分散型電源」への期待は高い。同総研は「燃料電池を使った電力融通システムが実用化されれば、離島向けなどの送電コストを大幅に削減できる」と強調。ソフトの開発などにも力を入れたい考えだ。燃料電池は、水素と大気中の酸素を反応させて発電する。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などを排出しないのが特徴で、大きさはエアコンの室外機並みという。企業連合は今後、発電時に出る熱を暖房や給湯に利用する熱電供給(コ−ジェネレ−ション)式の燃料電池を使い、ネットワ−ク化する際の課題などを検証。故障に対するセキュリティ−(安全性)を高めるほか、電力の相互融通では使用電力に対する料金の支払い方法などに関する特許の取得も目指す。日本は燃料電池の技術開発で最も進んでいるとされるが、実用化の検討は遅れ気味。企業連合は「ノウハウを蓄積し、国際競争力をさらに引き上げたい」と意欲的だ。・・・といった内容です。
○   水素を飲みましょう
  私の提言は「皆さん。普段から水素を飲むように心がけましょう。そうすれば、病気とは無縁の健康な毎日を送ることができます」というひと言に尽きます。
  ところで水素ガスを直接吸入するというわけにもいきませんので、実際には水素ガスをペットボトルなどの容器の中の水に注入し水素豊富水を作って飲むという形になりますが、なにせ燃料電池から出る水素ガスを利用すればいいわけですから経費も不要(飲まなきゃ損だといえます)のため、水素豊富水の一大ブ−ムが到来すると考えられます。

*「活性水素タップリの水は電気分解でしか作れない・・・という話は本当ですか」という質問が時折寄せられますが、そのような話は相手にされない方が無難でしょう。
  といいますのも、活性水素(原子水素)の半減期自体がわずか0.3 秒という極めて短いものですから、たとえ最初のうちはタップリあったと仮定しても飲用する前に肝心の活性水素はすでに消えてしまっている計算になるからです。このことは、電解水は所詮「一時的水素豊富水」に過ぎないため、「常時水素豊富水」と比較してみると、その切れ味(医療効果)は明らかに劣るという私の過去の臨床観察例からも明白だといえます。

水素が医学を変える(9)--->>>

Copyright © 2005 “ドクター林の水の談話室” new-water.org All Rights Reserved.