水の談話室 水素豊富水情報室 Dr.林プロフィール インフォメーション お問合せ HOME

水素豊富水エピソード
はかない名水
はかない名水(2)
よゆうの名水
自助の名水
発想の転換(1)
発想の転換(2)
発想の転換(3)
発想の転換(4)
発想の転換(5)
発想の転換(6)
発想の転換(7)
発想の転換(8)
発想の転換(9)
発想の転換(10)
発想の転換(11)
発想の転換(12)
発想の転換(13)
発想の転換(14)
発想の転換(15)
発想の転換(16)
発想の転換(17)
発想の転換(18)
発想の転換(19)
発想の転換(20)
発想の転換(21)


水素豊富水の秘密
水素豊富水トピックス
水素豊富水
        ア・ラ・カルト

水素豊富水ガイド
水素豊富水コメント
水素豊富水
        アドヴァイス

水素豊富水
        ダイジェスト

水素豊富水
        メモランダム

10分でわかる
    水素豊富水入門[1]

10分でわかる
    水素豊富水入門[2]

水素豊富水のQ&A

不思議な水の物語


サイトに関して
SITE MAP
水素豊富水エピソード
■4.自助の名水
 
(7)当会の基本姿勢
  当「新しい水の会」の基本姿勢は、「先ず当会のホ−ムペ−ジをよくお読みいただき、その提言内容を理解、納得された方たちのみを対象にしたい」というものであります。
言い換えますと、「提言を読んでいない・・」という方たちや「提言内容を理解できない、あるいは納得できない」という方たちの場合には「当会の主張および運動をどうぞそのまま無視なさって結構です」ということになります。
したがって、時として相手の方に誤解、非難されたり、あるいは要らぬ衝突を起こす場合もありますが、それも致し方のないことだと考えております。
健康を維持し病気を予防する、さらには病気を克服するためには、何よりも先ず第一に病気の当人が努力する、最低限の勉強はすべく努めることが必要だと考えます。
そのような姿勢のない限り、病気の克服など不可能だというべきでしょう。
(8)公助の前に自助
  電話などで私は「せめて当会のホ−ムペ−ジくらいは読んでみるといった程度の自助努力はお願いします・・・」と申しあげることにしています。
これに対して、「お前のところの商品を買ってやろうと言ってるのに、最低限の自助努力はしろだの、その程度のこともしないような人間は相手にしないなどとは何事だ。ふざけるな」とばかりに怒鳴られることもありますが私は頑として妥協しません。
私も「努力する、しないは確かにあなたの自由だが・・・売る、売らないもこちらの自由だ・・・」と怒鳴り返すことも決して少なくありません。
私も元はといえば外科医ですから、なかなか「お客さまは神様です・・・」とばかりに素直に営業に精を出すということもできません(「患者さまは神様です・・・」などと医者が変に揉み手などしだしたら、それこそ世も末だというべきではないでしょうか)。
また、これとは正反対に極めて理解と決断の早い人の場合などは「ホ−ムペ−ジを読みました。その内容もよく理解できました。いや、感動しました。家族のみでなく友人にも是非勧めてやりたいので5セットまとめて送ってください」という方もあります。
ところが、この場合でも当会では「恐れ入りますが、初めてのお申し込みの方の場合は取りあえず1、2セットだけをお買い上げいただくことにしています・・・まず、あなたご自身がお使いになられて水素豊富水の効用を十分に理解納得されてから、改めてご注文いただきたいと思います」という姿勢を貫いております(嘘だと思われる方は、電話などで一度真偽の程を確認なさってみてください)。
何事であれ、公助、共助を叫ぶ前に先ず自助の精神が必要であると考えます。
私の勧める「よゆうの名水」(常時水素豊富水)は「自助の水」だともいえましょう。
私の提唱する救国のための自助運動は実践極めて容易にして、経済的にも極めて負担の軽い方法なのです。僅々1日10円、月数百円の出費で祖国日本を世界でも最も健やかで明るく豊かな国に造り変える自助の精神発揚の「自助の水」普及運動なのであります。

発想の転換(1)--->>>

Copyright © 2005 “ドクター林の水の談話室” new-water.org All Rights Reserved.