水の談話室 水素豊富水情報室 Dr.林プロフィール インフォメーション お問合せ HOME

水素豊富水エピソード
はかない名水
はかない名水(2)
よゆうの名水
自助の名水
発想の転換(1)
発想の転換(2)
発想の転換(3)
発想の転換(4)
発想の転換(5)
発想の転換(6)
発想の転換(7)
発想の転換(8)
発想の転換(9)
発想の転換(10)
発想の転換(11)
発想の転換(12)
発想の転換(13)
発想の転換(14)
発想の転換(15)
発想の転換(16)
発想の転換(17)
発想の転換(18)
発想の転換(19)
発想の転換(20)
発想の転換(21)


水素豊富水の秘密
水素豊富水トピックス
水素豊富水
        ア・ラ・カルト

水素豊富水ガイド
水素豊富水コメント
水素豊富水
        アドヴァイス

水素豊富水
        ダイジェスト

水素豊富水
        メモランダム

10分でわかる
    水素豊富水入門[1]

10分でわかる
    水素豊富水入門[2]

水素豊富水のQ&A

不思議な水の物語


サイトに関して
SITE MAP
水素豊富水エピソード
■23.発想の転換(19)
 
  平成14年7月26日、改正健康保険法が成立しました。
○   国民の負担増

  七十歳以上の高齢者は今年十月から、サラリ−マンは来年四月から医療費の自己負担が重くなります、サラリ−マンの医療費自己負担は現在本人は入院・外来ともに二割で、家族は外来三割、入院二割ですが、これが来年四月からすべて三割となり、本人は入院・外来の両方、家族は入院時の負担が現在の一・五倍となる計算です。同時に、外来窓口で定率負担に上乗せして支払う薬剤費の一部負担は廃止されることになります。
  ところで大きな問題はむしろ、サラリ−マンは患者負担だけでなく保険料負担も重くなるということです。現在は保険料は主に月収の一定比率ですが、来年四月からは月収とボ−ナスに同率の保険料がかかる「総報酬制」に変わるのです。
  このような改正健康保険法に対して、野党は「小泉首相の言う構造改革とは要するに国民に負担増を強いるだけの政策だ」といって非難しています。一方首相は「たとえ医療費負担を据え置いてみても、その分を税金投入という形で補填することになるだけだ。したがって、野党の主張は単なる議論のすり替えに過ぎない」と応酬するといった調子です。

○   古い水と新しい水
  ところで、医療制度の抜本改革を唱えるものの旧態依然たる与野党の応酬を聞くにつけ、私の印象は旧い軍歌にある「どこまで続くぬかるみぞ・・・」といったところです。
  私の結論をいいますと、「たとえ我が国年間国家予算である82兆円の全額を医療費に注ぎ込んだとしても、糖尿病の問題ひとつ解決することは決してありえまい・・・」ということになります。
  その根拠については、当ホ−ムペ−ジを真面目に読み既に実生活に「水素豊富水」を取り入れ、その恩恵に日々浴していらっしゃる方々にはすでに明々白々のことと考えます。
  要するに、問題は「古い水」と「新しい水」の差に帰着するのです。
  「古い水」とは「活性酸素の消去には所詮不十分な水」、つまり「病気を防げない水」であり、「病気を作る水」であり、「病気を治せない水」に過ぎないのです。
  これに対し、私の提唱する「新しい水」とは「活性酸素の消去に十分な水」、つまり「病気を防ぐ水」であり、「病気を作らない水」であり、「病気を治す水」なのです。
  古い水と新しい水。二つの水の違いはたった一つです。それは、水の中に含まれる「水素量」の違いだけです。古い水の中には水素は含まれていません。誕生した直後には多分水素は含まれていたものと推測されますが、何せ宇宙で最も軽い気体のことですから地球上にある水はすでに水素の抜け去った水、つまり「水素欠乏水」となってしまっているのです。
  いっぽう、この抜け去ってしまった水素欠乏水の中の水素を大幅に増やした水、水素含有量がほぼ飽和状態にまで増えた水が「水素豊富水」なのです。
  しかも、幸運なことに「水素欠乏水」を「水素豊富水」に一変させる(実は、一変というより正しくは大激変と言うべきでしょうが)に必要な経費は微々たるものなのです。
  ところが、この微々たる経費で私たちは単に自分自身あるいは家族の者を救えるのみでなく、医療費の肥大化を防ぐことができる、さらには国家をも救うことができるのです。
  皆さん。自分や家族を救い、医療制度を救い、はては国家を救うためにもどうか真剣にお考えいただきたいのです。

発想の転換(20)--->>>

Copyright © 2005 “ドクター林の水の談話室” new-water.org All Rights Reserved.