水の談話室 水素豊富水情報室 Dr.林プロフィール インフォメーション お問合せ HOME

水素豊富水ダイジェスト
活性酸素対活性水素1
活性酸素対活性水素2
活性酸素対活性水素3
活性酸素対活性水素4
活性酸素対活性水素5
活性酸素対活性水素6
活性酸素対活性水素7
活性酸素対活性水素8
活性酸素対活性水素9
活性酸素対活性水素10
活性酸素対活性水素11
活性酸素対活性水素12
活性酸素対活性水素13
活性酸素対活性水素14
活性酸素対活性水素15
活性酸素対活性水素16
活性酸素対活性水素17
活性酸素対活性水素18
活性酸素対活性水素19
活性酸素対活性水素20
活性酸素対活性水素21
活性酸素対活性水素22
活性酸素対活性水素23
活性酸素対活性水素24
活性酸素対活性水素25
活性酸素対活性水素
      (25続)年末のご挨拶


水素豊富水の秘密
水素豊富水トピックス
水素豊富水エピソード
水素豊富水
        ア・ラ・カルト

水素豊富水ガイド
水素豊富水コメント
水素豊富水
        アドヴァイス

水素豊富水
        メモランダム

10分でわかる
    水素豊富水入門[1]

10分でわかる
    水素豊富水入門[2]

水素豊富水のQ&A

不思議な水の物語


サイトに関して
SITE MAP
水素豊富水ダイジェスト
■19.活性酸素対活性水素(19)
 
○   カナダからの便り
  前回はシンガポ−ルからの花の便りをご紹介しましたが、愛用者から寄せられるいろいろな情報に接するたび「ホウ、水素の働きとはスゴイものだな・・・」と私自身改めて感心させられることになるというのが正直な実感です。
  今回は10月14日付でカナダから届いた体験談をご紹介することにしましょう。
  −はじめまして カナダのバンク−バ−に住んでいますK.T.と申します。この度は縁あって林先生の水素スティックを8月に購入して以来、毎日何回も水素水を飲み、目を洗い、こめかみの白髪のあたりへ水素水をベチャベチャつけております。眼はすごくスッキリハッキリ、老眼はまだ治りませんがすごく調子良好です。こめかみには黒髪が生え始め2〜3カ月先を楽しみにしています。これでこめかみが黒くなったら、家族や友達に証明出来るなと思っています。本当にありがとうございました。
  話は変わりますが、娘の知り合いで膵臓ガンになり化学療法を受けたのですが小さくならないそうです。現在はアロエジュ−スを飲んでいるそうです。水素水を勧めているのですが、
何かご指示を頂ければと筆をとりました。よろしくお願いします。    K.T.
○   老化を遅らせる
  仏教に生老病死の四苦という言葉がありますが、誰も老いを免れることはできません。
  私たちに出来ることはただ老いを遅らせる、老化を先延ばしにすることだけです。
  そこで老化を遅らせるにはどうするかという問題ですが、それに応えるには「では、老化をもたらす要因は何か」という問題に行き着くわけです。この問題に対して「老化を引き起こす最大の原因は活性酸素である」というのが今では生物医学界の統一見解だといえます。ところで活性酸素の作用機序とは酸化作用だといえます。では酸化作用に対抗する作用(抗酸化作用)は何かといえば、それは還元作用だということになります。ここで還元という言葉は本来水素の作用を意味しますから、ごく素直に考えて活性酸素に対抗するには「水素」(を多く含んだ水)が最適であろう、という結論になるわけです。
  KさんのFAXにある「こめかみには黒髪が生え始め・・・」の一文はその何よりの証拠だといえるわけですが、実は同じような若返り現象の報告は決して珍しくないのです。
  そこでこのような新陳代謝の改善、つまり古い細胞組織(白髪)がより若くて健康な細胞組織(黒髪)に置き換わる現象の改善がなぜ起きるのかを考えてみますと、老化を引き起こす活性酸素が水素(豊富水)によって抑制されたからだと推測するほかありません。
  これを普遍化して考えますと、現在では活性酸素は老化ばかりでなくあらゆる病気の原因だと考えられていますから、普段から「水素の豊富な水」を飲用することによって、単に老化を防ぐのみでなく色々な病気の予防にも有効なのではないか、さらにいえばたとえ病気に罹った後でも病状の更なる悪化を阻止できるのではないか、また(病状の進行が進んで手遅れにならないかぎり)治癒にもっていけるのではないかとも考えられるのです。
  いずれにせよ、「水素の豊富な水」は何といっても「たいへん美味しい水」だといえますし費用もごく少額で済みますから、一人でも多くの方に知っていただきたいのです。
  「皆さん。美味しい水を朝夕たっぷり楽しみつつ、老化はできるだけ遅らせ、病気を防ぎ、健康と長寿を存分に謳歌しようではありませんか」というのが私の提言です。

活性酸素対活性水素(20)--->>>

Copyright © 2005 “ドクター林の水の談話室” new-water.org All Rights Reserved.