水の談話室 水素豊富水情報室 Dr.林プロフィール インフォメーション お問合せ HOME

水素豊富水ダイジェスト
活性酸素対活性水素1
活性酸素対活性水素2
活性酸素対活性水素3
活性酸素対活性水素4
活性酸素対活性水素5
活性酸素対活性水素6
活性酸素対活性水素7
活性酸素対活性水素8
活性酸素対活性水素9
活性酸素対活性水素10
活性酸素対活性水素11
活性酸素対活性水素12
活性酸素対活性水素13
活性酸素対活性水素14
活性酸素対活性水素15
活性酸素対活性水素16
活性酸素対活性水素17
活性酸素対活性水素18
活性酸素対活性水素19
活性酸素対活性水素20
活性酸素対活性水素21
活性酸素対活性水素22
活性酸素対活性水素23
活性酸素対活性水素24
活性酸素対活性水素25
活性酸素対活性水素
      (25続)年末のご挨拶


水素豊富水の秘密
水素豊富水トピックス
水素豊富水エピソード
水素豊富水
        ア・ラ・カルト

水素豊富水ガイド
水素豊富水コメント
水素豊富水
        アドヴァイス

水素豊富水
        メモランダム

10分でわかる
    水素豊富水入門[1]

10分でわかる
    水素豊富水入門[2]

水素豊富水のQ&A

不思議な水の物語


サイトに関して
SITE MAP
水素豊富水ダイジェスト
■10.活性酸素対活性水素(10)
 
○   シンガポ−ル便り
  8月12日、シンガポ−ル在住のT氏より久しぶりに以下のような興味深いFAXが届きました(「水素豊富水コメント」NO.22 参照)。
    病名不明の湿疹が水素豊富水で快癒されました。お知らせします。
名前:Sam.H. 1歳10カ月
病名:8カ月間に及ぶ病名不明の湿疹。最近はステロイドも使っていた様子。
訪問日:2004/7/29 母親のPaulaさんに会う。500mlPETボトルにスティック1本を入れ、全ての飲用水に利用するように、そして何回も身体全身にスプレ−するようにすすめました。
2004/8/3 FAXと電話にてたいへん良くなった、私ども夫婦もこの水素豊富水を飲むことにしたい(添付英文FAX参照)との連絡あり。
2004/8/5 Samの全身から湿疹が消えた。ありがとう。
報告 シンガポ−ル T.T.
  添付の英文の概要は以下の通りです。
Dear Mr.T,
I have been unable to reach you by phone, but wanted to let you know that Sam’s skin rashes have improved a lot. Although a few sore patches remain,on the left side toward the top of his left leg, the majority of the wounds are now healing.
Do you think you could give me treatment to heal the remaining rashes? Or should we wait to see if the healing occurs without further treatment? I would like to purchase more hydrogen sticks from you. I would like to keep separate bottles for each of us - my husband, myself and the two boys. ・・・
Paula H. P.S. Thank you !!
○   病名不明
  上述のように、1歳10カ月になったばかりのSam君が病名不明のまま皮膚の発疹で8カ月間も苦しんでいたところ、T氏の勧めで水素豊富水の飲用・外用塗布を始めてみるとわずか1週間程(7/29〜8/5)で発疹が消えてしまった・・・というまるで作り話のような体験談ですが、私の考えではこのような経緯こそ実は理想的だということになるのです。病名の確定という問題は実はそれ程単純なものではないのです。第一に、下された病名が果して正しいか否かという問題があります。次に、複数の医師に診せればそれぞれ異なる病名が下されるという可能性もあります。さらには、医学理論(西洋医学、東洋医学その他)によっては異なった病名が下されることもあるからです。
  少なくとも病人にとって最も大事なことは、病名の確定ではなく病状が快方に向かうことなのです。「能書きは要らない。旨けりゃいい・・・」の清酒コマ−シャルに倣えば、「病名は要らない。治ればいい・・・」ということになるわけです。
  これとは逆に、「病名は確定しました。しかし、治る見込みはありません・・・」というのでは病人の方はたまったものではありません。このような意味からも、上述のSam君のようなケ−スこそ実は理想の姿だといえるのです。

活性酸素対活性水素(11)--->>>

Copyright © 2005 “ドクター林の水の談話室” new-water.org All Rights Reserved.