水の談話室 水素豊富水情報室 Dr.林プロフィール インフォメーション お問合せ HOME

水素豊富水コメント
活性酸素を消す水(1)
活性酸素を消す水(2)
活性酸素を消す水(3)
活性酸素を消す水(4)
活性酸素を消す水(5)
活性酸素を消す水(6)
活性酸素を消す水(7)
活性酸素を消す水(8)
活性酸素を消す水(9)
活性酸素を消す水(10)
活性酸素を消す水(11)
活性酸素を消す水(12)
活性酸素を消す水(13)
活性酸素を消す水(14)
活性酸素を消す水(15)
活性酸素を消す水(16)
活性酸素を消す水(17)
活性酸素を消す水(18)
活性酸素を消す水(19)
活性酸素を消す水(20)
活性酸素を消す水(21)
活性酸素を消す水(22)
活性酸素を消す水(23)
活性酸素を消す水(24)
活性酸素を消す水(25)


水素豊富水の秘密
水素豊富水トピックス
水素豊富水エピソード
水素豊富水
        ア・ラ・カルト

水素豊富水ガイド
水素豊富水アドヴァイス
水素豊富水ダイジェスト
水素豊富水
        メモランダム

10分でわかる
    水素豊富水入門[1]

10分でわかる
    水素豊富水入門[2]

水素豊富水のQ&A

不思議な水の物語


サイトに関して
SITE MAP
水素豊富水コメント
■5.活性酸素を消す水(5)
 
○ 水制御学説
  私の提言は単純明快で、「普段から水素をタップリ含んだ水を飲むようにしていれば病気の予防、健康の維持管理ができる。また、たとえすでに病気に冒されている人でも水素豊富水の飲用によって病気をより早く治癒にもっていくことができる」というものです。
  とくに当会が新しく提唱している「常時水素豊富水」の切れ味(医療効果)は抜群だと考えていますが、今回その提言の正当性を裏づける新しいデ−タ(しかも、驚くべきデ−タ)が得られましたのでご紹介しましょう。
  まず、私の「水制御学説」ですが、要約しますと以下のようになります。
  (1)病気の原因は「活性酸素」による「強力な酸化障害」にあるということができる。従来病気の原因として考えられてきたものは実は病気にとっての誘因に過ぎないものというべきであって、万病の原因は「活性酸素」にあると考えるべきである。
  (2)したがって、「活性酸素」を効率的に消去することができれば万病の克服も可能だという論理になる。その対策は、「強力な還元作用」をもつ物質ということに尽きるが、地球上で最も強力な還元作用を示すのは活性水素(原子水素)にほかならない。
  (3)ところが、活性水素は寿命が極めて短い(半減期が0.3 秒)という問題があり、そのため活性水素を直接摂取することは事実上不可能である(摂取する前に消失している)。
  これに対して分子水素は分単位の存在が可能であるから、「分子水素を豊富に含んだ水」を摂取することが活性酸素の消去には極めて有効だといえる。というのも、生物体の細胞の中には水素分解酵素(分子水素を活性水素に分解する酵素)が備わっていると考えられるからである。−HP「水素豊富水の秘密」5.水素分解酵素 の項 参照。
○ ニンジン30〜40本
  抗酸化物質つまり活性酸素の酸化障害に対抗する物質として有名なものにβ−カロテン (β-carotene) がありますが、これは元々ニンジン(carrot)に多く含まれているためこの名があるのです。このβ−カロテンと水素豊富水のもつ抗酸化効果を比較したデ−タが得られましたので次に説明しましょう。
  1.まず、純水1.0Lに対して「水素発生ミネラル・スティック」3本の割合で投入し、一昼夜経過した「水素豊富水」(水素量は飽和状態の「水素飽和水」と呼べる状態の水)を用意してその抗酸化作用を測定します。
  2.その抗酸化作用をβ−カロテンに換算してみますと、水素飽和水の1.5Lはβ−カロテン450mgが示す抗酸化効果に相当することが判明しました。
  3.ニンジンの含有するβ−カロテンの量(食品分析表によって数値に多少の差異があります)をいま仮にニンジン1kg当たり73 mg として計算してみますと、水素飽和水1.5Lの抗酸化作用はニンジン約6.2kgがもつ抗酸化効果に匹敵する計算になります。
  4.ニンジン1本当たりの重さは150〜200gですから、6.2kgのニンジンは本数にすれば30〜40本となります。結論として、β−カロテンのもつ抗酸化作用で比較する時、水素飽和水1.5Lの飲用はニンジン30〜40本を摂ることに匹敵するというわけです。

活性酸素を消す水(6)---->>>

Copyright © 2005 “ドクター林の水の談話室” new-water.org All Rights Reserved.