水の談話室 水素豊富水情報室 Dr.林プロフィール インフォメーション お問合せ HOME

水素豊富水コメント
活性酸素を消す水(1)
活性酸素を消す水(2)
活性酸素を消す水(3)
活性酸素を消す水(4)
活性酸素を消す水(5)
活性酸素を消す水(6)
活性酸素を消す水(7)
活性酸素を消す水(8)
活性酸素を消す水(9)
活性酸素を消す水(10)
活性酸素を消す水(11)
活性酸素を消す水(12)
活性酸素を消す水(13)
活性酸素を消す水(14)
活性酸素を消す水(15)
活性酸素を消す水(16)
活性酸素を消す水(17)
活性酸素を消す水(18)
活性酸素を消す水(19)
活性酸素を消す水(20)
活性酸素を消す水(21)
活性酸素を消す水(22)
活性酸素を消す水(23)
活性酸素を消す水(24)
活性酸素を消す水(25)


水素豊富水の秘密
水素豊富水トピックス
水素豊富水エピソード
水素豊富水
        ア・ラ・カルト

水素豊富水ガイド
水素豊富水アドヴァイス
水素豊富水ダイジェスト
水素豊富水
        メモランダム

10分でわかる
    水素豊富水入門[1]

10分でわかる
    水素豊富水入門[2]

水素豊富水のQ&A

不思議な水の物語


サイトに関して
SITE MAP
水素豊富水コメント
■13.活性酸素を消す水(13)
 
  「電解水は今後不要になるだろう」と前回書いたところ、機器の購入を考えているという方から多くの問い合わせが寄せられましたので少し詳しく述べることにしましょう。
○ 超軟水国日本が生んだ特異な機器
  研究発表のためこれまで私は英国に二回、米国に五回の計七回赴きましたが、電解水生成器といった類の浄水器にはついにお目にかかれませんでした。
  その理由は何かといえば単純な話であって、日本が世界でも例外的な超軟水国であるという事実にあります。つまり超軟水に限っては電気分解も可能というわけですが、硬水の場合には電気分解そのものが不可能になるというわけです。なぜかといえば硬水を電気分解すると、原水の中に含まれているプラスのミネラル成分が陰極の電極板の表面に、またマイナスのミネラル成分が陽極板の表面に集まり急速にメッキ現象が進行するため(電気分解という原理は、本来金属メッキが目的です)、過電流が流れそのため機器本体が発熱し電解そのものが停止してしまうというわけです(私はロンドンでまたダラスで実際に経験し冷や汗をかいた次第です)。
  私はドイツで二年ほど暮らした経験がありますが、彼の地の水道水といったらまるで話にもなりません。風呂を使っても石けんはまるで泡だちませんし台所のナベやヤカンも底には厚さ数ミリにわたってカルシウムなどがこびりつているといった案配なのです。
  このように硬水は電気分解しようにもまるで歯が立たないというわけです(電気分解の原理を発見した英国の大天才M・ファラデ−もビックリというところです)。
  「それでは」というわけでしょうか、日本のあるメ−カ−がメッキを回避する技術を思いついたのです。それは、電解を一定回数行うごとに電極板の極性を自動的に切り替えてやるというアイデアです。このアイデアを聞いた当初は私も感心したものですが、その後これはとんでもない欠陥方式であることが判ってしまったのです。
  といいますのも、私の秘密兵器「水素センサ−」で水素含有量を測定してみて次のような事実が明らかになったのです。それは、陰極槽から出る水(アルカリイオン水・還元水)の水素濃度よりも、陽極槽から出る水(酸性イオン水・酸化水)の方が水素濃度がはるかに高いというまるでマンガのような現象が起きることが判明したのです。
  しかしこれも考えてみれば当然というべきで、なにせ電極板のメッキを回避しようということで陰極と陽極を交互に切り替えてしまうため、本来の目的である「水素豊富水」が陰極槽から出たり陽極槽から出たりと一定せず、私も唖然としてしまったという次第です。
  要するに、あちら立てればこちら立たず、つまり電極板のメッキは防げるが「水素豊富水(たとえ一時的水素豊富水にすぎないとはいえ)が陰極槽から出るのか陽極槽から出るのか」、出てみなければ判らないという何とも訳の判らない機器になってしまっているというわけです(メ−カ−さんには気の毒ですが、私としては正直にありのままを述べるしかありません)。
  いずれにしても、簡単、確実かつ安価な方法で水素豊富水を作ることができるようになった以上は、電解水はやはり今後無用になるであろうと結論するしかないというわけです(どちらを選ぶかは各人の自由であることは勿論ですが)。

活性酸素を消す水(14)---->>>

Copyright © 2005 “ドクター林の水の談話室” new-water.org All Rights Reserved.