水の談話室 水素豊富水情報室 Dr.林プロフィール インフォメーション お問合せ HOME


水素が世界を救う(1)
水素が世界を救う(2)
水素が世界を救う(3)
水素が世界を救う(4)
水素が世界を救う(5)
水素が世界を救う(6)
水素が世界を救う(7)
水素が世界を救う(8)
水素が世界を救う(9)
水素が世界を救う(10)
水素が世界を救う(11)
水素が世界を救う(12)
水素が世界を救う(13)
水素が世界を救う(14)
水素が世界を救う(15)
水素が世界を救う(16)
水素が世界を救う(17)
水素が世界を救う(18)
水素が世界を救う(19)
水素が世界を救う(20)
水素が世界を救う(21)
水素が世界を救う(22)
水素が世界を救う(23)
水素が世界を救う(24)
水素が世界を救う(25)
水素が世界を救う(26)
水素が世界を救う(27)
水素が世界を救う(28)
水素が世界を救う(29)
水素が世界を救う(30)
水素が世界を救う(31)
水素が世界を救う(32)
水素が世界を救う(33)
水素が世界を救う(34)
水素が世界を救う(35)
水素が世界を救う(36)
水素が世界を救う(37)
水素が世界を救う(38)
水素が世界を救う(39)
水素が世界を救う(40)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(41)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(42)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(43)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(44)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(45)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(46)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(47)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(48)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(49)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(50)

カナダだより
アメリカだより
低炭素社会の健康法
不思議な水の物語

水素豊富水の秘密
水素豊富水トピックス
水素豊富水エピソード
水素豊富水
          ア・ラ・カルト
水素豊富水ガイド
水素豊富水コメント
水素豊富水
          アドヴァイス
水素豊富水
          ダイジェスト
水素豊富水
          メモランダム

■Information
新刊書籍
特許情報

■情報室Topics!
第8回国際統合医学会
県立広島大
   水素の研究報告
10分でわかる
   水素豊富水入門[1]
10分でわかる
   水素豊富水入門[2]
水素豊富水Q&A
掲載情報

日本発・世界初「水素が世界を救う」
■2009.9.25
日本発・世界初「水素が世界を救う」(45)
医学博士 林 秀光
○  ナポリを見てから死のう
  英語の諺に 〈See Naples and die.〉という言葉があります。直訳しますと、「ナポリを見てから死のう」、つまり「天下の名勝ナポリを見るまでは死んではならない」、あるいは「死ぬのはまずナポリを見てからのことだ」という程の意味になります。
  ところで過去25年にわたり「理想の水」を懸命に追い求めてきた結果、遂に「水素」に辿り着くに到った筆者の心境を上の英文に倣って表してみますと、
    Try hydrogen and die.
という表現になります。つまり、「水素を試してから死のう」というものですが、表現を変えますと「水素を試すまでは死んではいけない」、「死ぬのはまず水素を試してから後のことだ。でないと後悔することになる」というものであります。
  現在毎日苦しい闘病生活を余儀なくされている全世界の人たちにこの一行をお伝えしたいというのが筆者の心からの叫びなのです。そして是非申し添えたいことは、「ひょっとしたらひょっとしますよ。奇跡が起きるかも知れませんよ」という一言です。
○  現代医学:唯一最大の欠点
  現代医学の唯一最大の欠点ともいえるのが水素に対する無関心である、と考えます。
  私たちは誕生から死の瞬間まで四六時中大気の2割を占める酸素による障害を受け続けています。にも関わらず殆ど何の対抗策も講じていないという事実は余りに無謀です。
  せめて日常の飲料水・外用水だけでも「水素の豊富な水」に換えるべきだと考えます。
  他の多くの類似の水製品とは異なり、私の提唱する方法はなにしろ小学生のお小遣い程度の出費しか必要としません。したがって誰でも気軽に試すことができるからです。
  皆さんもご承知のように、現代医学といえども万全とは程遠い状態にあります。
  難病・奇病・不治の病の出現に頭を抱えているというのがその実態です。
  したがって、たとえどのような診断、宣告を受けようとも、「まず水素水に換えてみることにするか・・・」の気軽な態度でのぞんでいただきたいのです。
○  万物の根源:水素
  現代物理学では、宇宙に最初に登場した元素は水素原子であったと考えられています。
  高校生時代、「スイ・ヘ・リ−・ベ・ボ・ク・ノ・フ・ネ・・・」つまり「H・He・Li・Be・B・C・N・O・F・Ne」と歌にして元素記号を覚えたものですが、水素以外の他の全ての元素は、宇宙創成のビッグバンのときこの水素原子が2コ、3コ、4コ・・・といった具合に複数個集まったものから核融合反応によってつくられたというわけです。言い換えますと、最初の元素であるH(水素原子)が生まれていなかったら、他の元素は一切生まれていなかったというわけです。この意味において、水素は万物の根源なのです。万物の根源ということは、あなたや私の根源でもあるということです。
  ビタミン剤だ、酵素製剤だ、漢方薬だ、サプリメントだ・・・と世はまさに百花繚乱の観を呈していますが、それらすべての根源・元祖が水素なのです。水素は本家本元なのです。次元が違うのです。格が違うのです。同列に論じないでいただきたいものです。


サイトに関して
SITE MAP

Copyright © 2009 “ドクター林の水の談話室” new-water.org All Rights Reserved.