水の談話室 水素豊富水情報室 Dr.林プロフィール インフォメーション お問合せ HOME


水素が世界を救う(1)
水素が世界を救う(2)
水素が世界を救う(3)
水素が世界を救う(4)
水素が世界を救う(5)
水素が世界を救う(6)
水素が世界を救う(7)
水素が世界を救う(8)
水素が世界を救う(9)
水素が世界を救う(10)
水素が世界を救う(11)
水素が世界を救う(12)
水素が世界を救う(13)
水素が世界を救う(14)
水素が世界を救う(15)
水素が世界を救う(16)
水素が世界を救う(17)
水素が世界を救う(18)
水素が世界を救う(19)
水素が世界を救う(20)
水素が世界を救う(21)
水素が世界を救う(22)
水素が世界を救う(23)
水素が世界を救う(24)
水素が世界を救う(25)
水素が世界を救う(26)
水素が世界を救う(27)
水素が世界を救う(28)
水素が世界を救う(29)
水素が世界を救う(30)
水素が世界を救う(31)
水素が世界を救う(32)
水素が世界を救う(33)
水素が世界を救う(34)
水素が世界を救う(35)
水素が世界を救う(36)
水素が世界を救う(37)
水素が世界を救う(38)
水素が世界を救う(39)
水素が世界を救う(40)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(41)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(42)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(43)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(44)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(45)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(46)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(47)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(48)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(49)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(50)

カナダだより
アメリカだより
低炭素社会の健康法
不思議な水の物語

水素豊富水の秘密
水素豊富水トピックス
水素豊富水エピソード
水素豊富水
          ア・ラ・カルト
水素豊富水ガイド
水素豊富水コメント
水素豊富水
          アドヴァイス
水素豊富水
          ダイジェスト
水素豊富水
          メモランダム

■Information
新刊書籍
特許情報

■情報室Topics!
第8回国際統合医学会
県立広島大
   水素の研究報告
10分でわかる
   水素豊富水入門[1]
10分でわかる
   水素豊富水入門[2]
水素豊富水Q&A
掲載情報

水素が世界を救う
■2009.7.21
日本発・世界初「水素が世界を救う」(35)
医学博士 林 秀光
○  水素量の差
  前回NO.34では、グランド・キャニオン(渓谷)踏破に挑戦したアメリカ人Jさん一家の報告をご紹介しました、一行9人のうちのAグループ−これは大人3人連れのグループで水分補給用として携行したのは普通の水(筆者の定義では「水素の抜け去った水」となります)でしたが、渓谷のスタート地点から谷底への行程の最初の3分の1の地点で早々とギブアップ、スタート点に引っ返してしまったというオソマツグループでした。
  一方Bグループ−これは50歳の大人が引率する、10歳から19歳までの子供たち5人を含む計6人のグル−プでしたが、Aグループとの唯一の違いは携行した水の違い、つまり水素豊富水(普通の水1リットルに水素スティック3本投入)にありましたが、一行6人は7時間をかけて見事踏破に成功したのです。
  では私どもが作ったデ−タをお見せしましょう。
  溶存水素量 (1)普通の水 0.032 ppm
  (2)水素豊富水 1.203 ppm
  (1リットルの水に水素スティック3本を投入して作った水)

○  2種類の水
  さて虚心坦懐、ごく素直に考えるとき普段何気なく飲んでいる水も決して無視できないことがお分かりのことと思います。人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし・・・とは徳川家康が残した言葉だといわれていますが、一生を歩むのに私たちは普通の水(水素の抜け去った水)の飲用をそのまま漫然と続けていってよいのか、それとも上に述べたJさん一家が携行した「普通の水に比べて水素量が30倍以上に増えた水」の方に換えるべきではないのか、という単純な問題が提起されていると思われるのです。
  いま先進各国に共通の大問題となっているのが医療費による国家財政破綻の問題です。日本でも小泉内閣誕生以来、医療費圧縮が行われた結果「医療の崩壊」が叫ばれています。世界に誇った健康保険制度も近いうち崩壊を免れえないであろうと危惧されています。
  現代医学医療制度の最大の欠陥は、費用対効果の問題をあまり考慮していない点です。
  世界中の先進各国はいまや「無い袖は振れない」の緊急状態に追い込まれているのです。
○  費用対効果
  この点、筆者提唱の「水素豊富水」健康法は五重マルだと自負している次第です。
  まず第一に、混じりっ気なしの純粋のメイド・イン・ジャパン健康法です。
  ソフトもハードも基本特許もすべて筆者が所有しておりますのでご安心いただけます。その構築に1985年以来の25年を越える思索研究を要した労作です。
  第二に、必要経費も毎日1本ボトルウォーターを購入する費用で十分すぎる程です。
  第三に、水素水飲用の効果に関する情報はホームページに常時公開されています。
  最後に、世界で最初の独自理論を提唱した者の責任の一環として、筆者は健康相談、医療相談(無料)に応じております。どうぞご遠慮なくお寄せ願います。


サイトに関して
SITE MAP

Copyright © 2009 “ドクター林の水の談話室” new-water.org All Rights Reserved.