水の談話室 水素豊富水情報室 Dr.林プロフィール インフォメーション お問合せ HOME


水素が世界を救う(1)
水素が世界を救う(2)
水素が世界を救う(3)
水素が世界を救う(4)
水素が世界を救う(5)
水素が世界を救う(6)
水素が世界を救う(7)
水素が世界を救う(8)
水素が世界を救う(9)
水素が世界を救う(10)
水素が世界を救う(11)
水素が世界を救う(12)
水素が世界を救う(13)
水素が世界を救う(14)
水素が世界を救う(15)
水素が世界を救う(16)
水素が世界を救う(17)
水素が世界を救う(18)
水素が世界を救う(19)
水素が世界を救う(20)
水素が世界を救う(21)
水素が世界を救う(22)
水素が世界を救う(23)
水素が世界を救う(24)
水素が世界を救う(25)
水素が世界を救う(26)
水素が世界を救う(27)
水素が世界を救う(28)
水素が世界を救う(29)
水素が世界を救う(30)
水素が世界を救う(31)
水素が世界を救う(32)
水素が世界を救う(33)
水素が世界を救う(34)
水素が世界を救う(35)
水素が世界を救う(36)
水素が世界を救う(37)
水素が世界を救う(38)
水素が世界を救う(39)
水素が世界を救う(40)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(41)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(42)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(43)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(44)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(45)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(46)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(47)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(48)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(49)
日本発・世界初
 「水素が世界を救う」(50)

カナダだより
アメリカだより
低炭素社会の健康法
不思議な水の物語

水素豊富水の秘密
水素豊富水トピックス
水素豊富水エピソード
水素豊富水
          ア・ラ・カルト
水素豊富水ガイド
水素豊富水コメント
水素豊富水
          アドヴァイス
水素豊富水
          ダイジェスト
水素豊富水
          メモランダム

■Information
新刊書籍
特許情報

■情報室Topics!
第8回国際統合医学会
第7回国際統合医学会
県立広島大
   水素の研究報告
10分でわかる
   水素豊富水入門[1]
10分でわかる
   水素豊富水入門[2]
水素豊富水Q&A
第6回国際統合医学会
第5回国際統合医学会
掲載情報

水素が世界を救う
■2009.3.12

日本発・世界初「水素が世界を救う」(11)

医学博士 林 秀光

  糖尿病や痛風が治った友人 C型肝炎の完治が楽しみ
  一日に飲む、「水素豊富水」は二リットルぐらいですね。一リットルの水にスティック一本、または二リットルに三本のスティックを入れて、家族みんなで飲んでいます。
  会社の場合は、私の仕事は営業中心なので外回りが多いんですが、五〇〇ミリリットルのペットボトルに一本入れて、飲んでは注ぎ足し、飲んでは注ぎ足ししながら持ち歩いています。
  この一年、「水素豊富水」を飲み続けたおかげで、体が軽くなったし体調もよくなり、心身ともに元気になりました。自分の体で実証済みですから、周りの友人たちにも、自信を持って勧めました。すると、糖尿病や痛風が治ったという知らせが届き、大変喜ばれています。ぜひ、少しでも多くの方に、同じ体験をしていただきたいですね。
  そして、あとどのくらい飲めば、私のC型肝炎が完全に治るのか−。「水素豊富水」を飲むにつれ、段々とよくなっていく自分の体を実感しつつ、完治の日を楽しみにしながら、これからもこの「奇跡の水」を飲み続けたいと思います。・・・・・
   以上三回にわたりご紹介しました記事はT・Y氏の実体験談をインタビュ−したものです。一度古書店あるいはお近くの図書館で実物記事を読まれることをお勧めします。
  (1)信じようと信じまいと
  さて英語の慣用句に「Believe it or not ・・・」という表現があります。
  邦訳しますと、「信じようと信じまいと・・・」あるいは「どう思うかはご自由ですが・・・」というほどの意味になります。
  ところで今回私がなぜ5年も前のT・Y氏の体験談を紹介したかといいますと、その内容はほとんど決定的な意味をもっていると思われるからです。たとえば今大きな社会問題となっているC型肝炎の問題の解決にも曙光が見えてくることになるからです。
  現代医学ではC型肝炎という診断は不治の病の宣告にも等しいものだと考えられていますが、T氏の体験談を素直に読む限りこれまでの考えを改める必要があるといえます。
  さらに強調したいことは、私の提唱する方法は極めて簡単・確実・格安な方法なのです。T氏は、「これまでも、とにかくどんなものでも騙されたと思って三カ月は試してみることにしていました・・・」と述べていますが、皆様方にも是非T氏のように駄目もとの精神で一度試してみていただきたいのです。
  なぜなら、私の提言を試すのにリスクらしいリスクはないからです。
  経費の面から言いましても1カ月あたり千円程度つまり1日あたり3〜40円程度に過ぎませんし、水の味も喉が鳴るほど美味しいからです。しかも飲み始めて1〜2週間もしないうちに確かな手応えを感じるからです。一番多い反応は、排泄便の悪臭が消えてきた・・・尿の色が透明になってきた・・・肩こりが取れてきたというものです。
  牛丼のコマ−シャルではありませんが、「安い・旨い・早い」というのが水素豊富水の特徴なのです。



サイトに関して
SITE MAP

Copyright © 2009 “ドクター林の水の談話室” new-water.org All Rights Reserved.