水の談話室 水素豊富水情報室 Dr.林プロフィール インフォメーション お問合せ HOME

水素豊富水
           ア・ラ・カルト

簡単禁煙法
簡単節酒法
女性と水素豊富水(1)
女性と水素豊富水(2)
女性と水素豊富水(3)
女性と水素豊富水(4)
女性と水素豊富水(5)
女性と水素豊富水(6)
女性と水素豊富水(7)
浄水スタンド(1)
浄水スタンド(2)
常識の世界(1)
常識の世界(2)
常識の世界(3)
常識の世界(4)
常識の世界(5)
常識の世界(6)
常識の世界(7)
常識の世界(8)
新年のご挨拶
常識と独創
悪臭は警告信号
原因は一か多か
原因は一か多か(2)
原因は一か多か(3)


水素豊富水の秘密
水素豊富水トピックス
水素豊富水エピソード
水素豊富水ガイド
水素豊富水コメント
水素豊富水
        アドヴァイス

水素豊富水
        ダイジェスト

水素豊富水
        メモランダム

10分でわかる
    水素豊富水入門[1]

10分でわかる
    水素豊富水入門[2]

水素豊富水のQ&A

不思議な水の物語


サイトに関して
SITE MAP
水素豊富水アラカルト
■14.常識の世界(3)
  先月の末、48歳の男性OTさんが当会を訪ねてみえました。本年7月胃ガンの診断を受け胃袋の3分の2を切除されたそうですがその後の経過はまずまずだそうで、ただ貧血と腫瘍マ−カ−の数値にはまだ不満があるとの話でした。ところでご本人の話では、なんでも3年前までは勤務先の会社で定期健康診断を受けることができたそうですが、世が世だけに経費節減の一環として定期健診の制度も廃止されてしまったとのことで、「そのため、運悪くガンの発見が遅れてしまったのかも知れません・・・」とのことでした。
  「健康診断は病気の早期発見に有効」との世の中の「常識」を再検討してみましょう。
○   健康診断とは淀川診断
  先ず最初に、次のような質問を皆様方に進呈することにしましょう。それは、「淀川の汚染を改善するには、次の三つのうちどの方法が最も有効か」という問題です。
(1)淀川に汚染改善剤を大量に投入して浄化を図る。
(2)淀川に大型の浚渫船を何台も投入して浄化を図る。
(3)(1)、(2)の前にまず琵琶湖の浄化を図る。
○   現行健康診断の非科学性
  さて、上の三つの方法のうち(1)と(2)ではいくら努力してみても所期の目的を達することはできません。なぜなら、淀川の汚染の原因の大半は淀川にあるというよりも、むしろ「琵琶湖の汚染」にあると考えるべきだからです。敵は本能寺にありです。
  すなわち、「琵琶湖の汚染」が流れ下って「淀川の汚染」となっているからです。
  したがって、琵琶湖の汚染の改善を図らない限り淀川の汚染の根本的解決など不可能だといえるのです。−『水素豊富水の秘密』15「現代医学は川下医学に過ぎない」 参照
  表現を変えますと、普段から琵琶湖を絶えずチェックして汚染の起きないように心がけてさえおれば、淀川の汚染のチェックなど殆ど無用のことだというわけです。
  さて、上のような質問を提示したのにはそれなりの理由があるのです。
  つまり上の記述で、「琵琶湖の汚染」というのが実は「胃腸内異常発酵」の起きている状態、すなわち「悪臭便の排泄」を放置している状態を指していることになります。
  一方、「淀川の汚染」のチェックに相当するのが「定期健康診断」というわけです。
  したがって、現代医学が最優先すべきなのはあくまでも「胃腸内異常発酵」の改善運動なのであって、健康診断受診を呼びかけることなどではないのです。キャッチコピ−風にいえば、「皆さん。水素豊富水を飲んできれいなウンチを落とすように心がえましょう。そうすれば、健康診断など必ずしも受けなくともよいのです」というものです(実は、私自身過去14年間健康診断は全く無視していますが体調は極めて良好というわけです)。

* 先月「無料浄水スタンド」についての新聞記事を紹介しましたが、当会事務所斜め前にある「クック−Y」(食材専門店)でも先週から、「アルカリイオン水(還元水)無料サ−ビス」(初回容器代のみ負担)が始まりました。市販の天然水・自然水・ミネラルウォ−タ−・・・を購入するのに比べれば遥かに安上がりだというのが店のウリです。

常識の世界(4)--->>>

Copyright © 2005 “ドクター林の水の談話室” new-water.org All Rights Reserved.