水の談話室 水素豊富水情報室 Dr.林プロフィール インフォメーション お問合せ HOME

水素豊富水アドヴァイス
活性酸素VS活性水素1
活性酸素VS活性水素2
活性酸素VS活性水素3
活性酸素VS活性水素4
活性酸素VS活性水素5
活性酸素VS活性水素6
活性酸素VS活性水素7
活性酸素VS活性水素8
活性酸素VS活性水素9
活性酸素VS活性水素10
活性酸素VS活性水素11
活性酸素VS活性水素12
活性酸素VS活性水素13
活性酸素VS活性水素14
活性酸素VS活性水素15
活性酸素VS活性水素16
活性酸素VS活性水素17
活性酸素VS活性水素18
活性酸素VS活性水素19
活性酸素VS活性水素20
活性酸素VS活性水素21
活性酸素VS活性水素22
活性酸素VS活性水素23
活性酸素VS活性水素24
活性酸素VS活性水素25


水素豊富水の秘密
水素豊富水トピックス
水素豊富水エピソード
水素豊富水
        ア・ラ・カルト

水素豊富水ガイド
水素豊富水コメント
水素豊富水
        ダイジェスト

水素豊富水
        メモランダム

10分でわかる
    水素豊富水入門[1]

10分でわかる
    水素豊富水入門[2]

水素豊富水のQ&A

不思議な水の物語


サイトに関して
SITE MAP
水素豊富水アドヴァイス
■4.活性酸素VS活性水素(4)
 
○ 簡単に人助けができる
  さて前回も触れましたT氏(目下、晩酌をたしなみながらC型肝炎を克服中です)から次のような新しいメ−ルが入りました。「・・・ところで、職場の40歳前半のO氏が水素豊富水を飲用するようになって1カ月もしないうちに、肝炎の検査数値が下がったとの連絡をもらいうれしくなりました。本人は顔色はピンク色で血色もよく何を食べても美味しいとのことでお礼を言われました。奥様も飲用して夫婦とも元気になったそうです。お腹が空いて少し太ったようで気にしています。私は管理者として部下が元気になり仕事に意欲を燃やしてくれることが最大の生産性向上につながります。その他、糖尿病の糖の数値が下がり過ぎたなど反応が出て参りました。私は人を助けたことがないので、こんなに簡単に人助けができるとは思ってもみませんでした。本職より面白いボランティアができることに幸福を感じています。普及活動を地道に続けて参ります。・・・」とのことです。
○ 次の十年はこうなる−病気は激減する
  さて現在発売中の『文藝春秋』二月号に「次の十年はこうなる」という特集記事が掲載されています。たとえば、「少子高齢で楽しい社会実現」(堺屋太一)、「成長の十年がやってくる」(榊原英資)、「東京大震災の確率八○%」(石黒耀)、「がんは切らずに治せる」(恵原真知子)・・・などいずれもたいへん興味深いものですが、私の考える次の十年は「病気・病人は激減する」というもので、その根拠は以下の通りです。
  (1)水素の入手が容易になる
  現在自動車メ−カ−は「燃料電池」の激しい開発競争を繰り広げていますが、実際には自動車用よりも先に家庭用の装置が今来年中にも市販される予定です。 この装置は都市ガス (組成の8〜10%は水素ガス)から取り出した水素ガスと空気中の酸素ガスとを反応させることにより作り出した電気エネルギ−を家庭の照明用光源、冷暖房や調理用の熱源として利用するものです。価格も当初は数十万円程度とみられています。
  (2)水素豊富水飲用が常識になる
  燃料電池とは「水素ガス生成装置」にほかなりません。したがって、燃料電池を設置した家庭においては取り出した水素をペットボトルに取った水の中に充填してやることにより、いとも簡単・確実・格安に「水素豊富水」を作れるようになり、急速に世の中に普及するようになるでしょう(従来の高価な電解水生成器などは不要になってしまうわけです)。それにつれて私が繰り返し主張しているように、「便秘が治った・・・便の悪臭が消えた・・・肩こり、腰痛がとれた・・・血圧が下がった・・・血糖値が下がった・・・肝機能が改善されてきた」という声が各家庭から聞こえてくるようになるでしょう。
  (3)無病世界の構築が始まる
  医学の究極の目的は「無病世界の構築」にありますが、私の予測ではこの目的も存外早い時期に達成されるのではないかと考えています。と申しますのも、無病世界構築の究極の切り札は「水素」にありますが、この水素の方が急速に私たちの身の回りに近づいてくることになるからです。私が「水制御学説」を発表したのは95年のことですが(『抗酸化水が健康長寿を実現する−活性酸素を消す水の効用 実業之日本社発行)、誠に幸運なことに急速な時代の流れが私の年来の提言に味方してくれることになるというわけです。

活性酸素VS活性水素(5)--->>>

Copyright © 2005 “ドクター林の水の談話室” new-water.org All Rights Reserved.