水の談話室 水素豊富水情報室 Dr.林プロフィール インフォメーション お問合せ HOME

10分でわかる
  水素豊富水入門[1]

二種類の水
水の誕生
生物の誕生
病気を作る水
病気を治す水
活性酸素とは
活性水素とは
水素分解酵素とは
水素豊富水をつくる
便の悪臭が消える
現代医学は
│  川下医学に過ぎない
あとがき
水制御学説
水素豊富水
     実験データ

10分でわかる
  水素豊富水入門[2]


水素豊富水の秘密
水素豊富水トピックス
水素豊富水エピソード
水素豊富水
             ア・ラ・カルト

水素豊富水ガイド
水素豊富水コメント
水素豊富水
             アドヴァイス

水素豊富水
             ダイジェスト

水素豊富水
             メモランダム

水素豊富水のQ&A

不思議な水の物語


サイトに関して
SITE MAP
10分でわかる水素豊富水入門
■第六章.活性水素とは
  さて、還元作用の本体はといえば「水素」の働きだということになります。
  ところで、活性酸素を消す物質、つまり還元作用を持つ物質(抗酸化物質)としてこれまでいろいろな物質が提唱されてきました。
  ところが、それらの物質のうちで最良最高のものは「活性水素」であることは疑う余地がありません。他のもろもろの抗酸化物質など物の比ではありません。
  前述したように、活性酸素というのは酸化作用の特別強い酸素のことを意味しますが、同様に「活性水素」というのは「還元作用の特別強い水素」のことを意味します。
  私たちが普段「水素」と呼ぶ時、それは分子水素つまり「H2」を意味します。
  これに対して、原子水素つまり「H」は還元作用が強力なため、特に「活性水素」とも呼ばれているのです(『岩波理化学辞典』 「活性水素」参照)。
  では、「表1.」をご覧ください。
(表1)
  @水道水 A水素飽和水 「ミネラル・スティック」
B1本投入 C2本投入 D3本投入
溶存水素量
(ppm)
0.032 1.490 0.470 0.676 1.203
水温(℃) 23 21 19 18 18
(1) 水道水にはほとんど水素は含まれていないことがわかる(@)
(2) 水素ボンベから取った水素ガスを最大限度注入(バブリング)、つまりこれ以上は溶けないという水素濃度がほとんど飽和状態に達したと思われる水道水(A)
(3) 水道水1リットルを入れたペットボトルに「ミネラル・スティック」をそれぞれ1本(B)、2本(C)、3本投入(D)し12時間(一昼夜)経過した後の水。
3本投入した場合では、水素飽和水(A)の約80パ−セントの水素量を含んでいることがわかる(1.490対1.203ppm)。
( 0rbisphere Model 3610 )
  私たちの周囲にある水(水道水・・・など)は「水素欠乏水」ばかりですが、この水に水素ボンベから取った水素ガスを注入してやりますと最高で1.49ppmという値(水素飽和水)になります。いっぽう、同じ水道水に「水素発生ミネラル・スティック」を投入してやることにより「水素の豊富な水」を手に入れることができますが、この水を私は「水素豊富水」と呼んでいるわけです。
  ところで、この「水素豊富水」を日常生活に取り入れるとどのようなことが起きるのでしょうか?
  一言で言いますと、私たちが病気になる確率はぐんと低くなると考えられるのです。
  では、どうしてそのようにいえるのでしょうか。
  それは、次のように考えることができるからなのです。
  「水素豊富水」つまり分子水素を豊富に含んだ水が私たちの体内に入ると、この分子水素は体内で原子水素つまり活性水素に分解され、万病の原因といわれる「活性酸素」と結合して無害安全な「水」にし、尿や汗として体外に排泄してくれることになると考えられるからなのです。
  要するに、「水素豊富水」は私たちの体内に入ると体内で刻一刻発生する「活性酸素」を次々と退治してくれることになると考えることができるのです。
  したがって、私たちが病気に罹る確率はぐんと低くなるというわけです。

第七章 水素分解酵素とは--->>>

Copyright © 2005 “ドクター林の水の談話室” new-water.org All Rights Reserved.