水の談話室 水素豊富水情報室 Dr.林プロフィール インフォメーション お問合せ HOME

10分でわかる
  水素豊富水入門[1]

二種類の水
水の誕生
生物の誕生
病気を作る水
病気を治す水
活性酸素とは
活性水素とは
水素分解酵素とは
水素豊富水をつくる
便の悪臭が消える
現代医学は
│  川下医学に過ぎない
あとがき
水制御学説
水素豊富水
     実験データ

10分でわかる
  水素豊富水入門[2]


水素豊富水の秘密
水素豊富水トピックス
水素豊富水エピソード
水素豊富水
             ア・ラ・カルト

水素豊富水ガイド
水素豊富水コメント
水素豊富水
             アドヴァイス

水素豊富水
             ダイジェスト

水素豊富水
             メモランダム

水素豊富水のQ&A

不思議な水の物語


サイトに関して
SITE MAP
10分でわかる水素豊富水入門
■第十章.現代医学は川下医学に過ぎない
  現代医学とは「川上の汚染を放置したままでの、川下の汚染改善医学に過ぎない」というのが私の結論ですが、その論拠について説明しましょう。
  私たちは口から摂った食物を胃や腸の中で消化しますが、これら消化された食物成分は腸壁から吸収されます。ところで、この腸壁から吸収された成分は門脈を通って肝臓に運ばれていきます。つまり、消化管→門脈→肝臓という順序で運ばれていきます。
  さて、肝臓に運ばれた成分は肝臓で様々な代謝作用を受けたのち、肝静脈を経て大静脈に入りその後大循環によって全身の器官・臓器に運ばれていくことになります。
  すなわち、肝臓→肝静脈→大静脈→大循環→全身器官という順序で運ばれていくことになります。まとめますと、消化管→門脈→肝臓→全身器官という順序になります。
  したがって、肝臓は一種の「関所」ということになりますが、この肝臓という関所にくるまでが「川上」、関所の後が「川下」に相当することになります。
  イラストAに示したように、口から肝臓までを「川上」(琵琶湖・肝前器官)にたとえることができますし、またこの「肝臓以下」の臓器・器官を「川下」(淀川・肝後器官)にたとえることができるのです。
  さて、このように考えてみますと「川上」が汚染されている場合、「川下」も汚染されることになります。川上の病原物質が、川下の病気を引き起こすことになります。
  現代医学とは、「川上の汚染」を放置したままでの「川下の汚染」改善医学に過ぎない、という私の結論を理解されたことでしょう。
  では、「川上の汚染」とは具体的には何を意味するのでしょうか。
  それは「胃腸内異常発酵」による「悪臭便の生成」を意味します。
  悪臭便の原因物質はタンパク(卵・魚・肉など)が腐敗したときにできる物質なので腐敗性代謝産物とよばれています。要するに、悪臭便を常時排泄している人というのは毎日のように腐敗した卵・魚・肉料理を食べているのと同じことになるのです。
  違いは、腐った物を食べて直ちに病気になるか、食べた後で腐らせて時間をかけて徐々に病気に追い込まれるかの違いだけなのです。
  したがって、普段から悪臭便の排泄を避けるように心がけることが大事なのです。
  とこらが、悪臭便を魔法のようにきれいな便に変えてくれるのが水素豊富水なのです。

 
イラストA 現代医学は川下医学に過ぎない
肝前・肝後器官説(川上・川下医学説)
川上の発ガン物質・活性酸素が、川下のガン、 その他あらゆる病気を引き起こす
  • 現代医学とは所詮、「川上の汚染」(胃腸内異常発酵による悪臭便の生成)を放置したままでの「川下の汚染」(病気の発生)改善医学に過ぎない。
    これでは、病気の予防も治療も不可能である。
  • 「川上の汚染」を改善してやれば、「川下の汚染」の予防も治療も簡単である
    (林秀光「肝前・肝後器官説」)。

あとがき--->>>

Copyright © 2005 “ドクター林の水の談話室” new-water.org All Rights Reserved.